お知らせ

先輩職員紹介コーナー

2019年07月22日

利用者さんの喜怒哀楽を共有できた時、初めて笑い合えるようになる。

 

稲田 誠

西はりまナーシングヴィラ 生活支援員

入社年度  平成264

 卒業校   神戸医療福祉大学 社会福祉学部

 

入社の決め手を教えてください
 今後、私たちの父親の団塊世代が高齢化し、日本は超高齢社会を迎えます。将来何になりたいか、そのために何を学ぶかを考えた時、経済や経営には興味がなく、スポーツが好き、介護職は将来性が高いという理由から、健康実践指導者をめざす健康スポーツと生活相談員をめざす社会福祉が学べる大学へ進みました。就活は県内のスポーツ関連と福祉関連の企業を中心に活動。当時、祖父の自宅介護を家族でしており、元気だった祖父が病気によって機能が低下していくのを見て、大学の学びだけではダメだと思っていたところでした。自己分析して自分を見つめ直すうち、福祉の方が向いているかもしれないと、福祉用具レンタル会社を探したり、合同説明会に参加して福祉施設を比較しながら、気になるところへは見学に行きました。円勝会に決めたのは、ここに就職した大学の先輩がいて、他施設との違い、どんな職員さんが働いているか、など現場のリアルな情報を聞けたことが大きいです。給料、休日、通勤所要時間、残業なし、ワークライフバランス…フライングディスクやボッチャなど障害者スポーツに力を入れていることにも共感が持てました。 

現在の仕事内容は?
 日中、夜間に、障がい者の方々の日常生活の支援と介護をしています。車いすの移乗介助は、身体の動きのメカニズムを活用した技術を身につければ無理なく安全にできるようになりますし、円勝会では職員が腰を痛めないようにリフトを採用しているので女性でもラクにできると思います。利用者の方々の機能の変化、体調や精神面の変化をしっかり観察することも大切です。リハビリによってご自身の足で立てるようになれば介助のやり方を変えていきますし、発熱、ごはんを食べない、尿や便が出ていない、元気がない、などの変化を見逃さないようにしています。フライングディスクやボッチャの大会、全国障害者スポーツ大会など、行事の担当もします。私が任命されたのは、なんと合唱部!で、歌を指導しています。ピアノを弾く人がいなかったので、今では独学でピアノも弾けるようになりました(笑)。たつの市の童謡の祭典には毎年参加して赤とんぼ文化ホールでその成果を披露したり、地元の小学校にかけあって交流会も開催しています。

うれしかったこと
 最初は利用者さんとの間に壁があってギクシャクしていても、日常生活を共にしながら、利用者さんの嬉しいこと、楽しいこと、嫌なこと、悲しいことを共有していくうちに、打ち解ける瞬間があります。少しずつ心を開いて、他の人には言わない話をしてもらえるようになったり、冗談を返してもらえるようになったり…そうすると、「もっとこんなことがしたい」と利用者さんが言いやすくなって、良い関係が築けると思うんです。だから私はいつも「この方はどんな方なんだろう?」と興味を持って接するようにしています。どうしても打ち解けない方もいらっしゃいますが、その方を尊重して無理に関与しないようにしています。職員同士が非常に仲のよい職場です。先輩には何でも相談しますし、私が落ち込んでいると「元気ないな」と温かく声をかけて下さいます。うまくいかないこともありますが、利用者さんも職員も、日々や行事を楽しんで、笑いの絶えない職場にしていきたいですね。超高齢化社会を迎えた時、ここで習得した技術や知識を、より多くの方々に伝えられる人になりたいと思います。


人見知りだけど、「誰かの役に立ちたい」と思ったことが入社動機

 

 中本 彩優

西はりまリハビリテーションセンター 生活支援員

入社年度 平成274 

卒業校  相生産業高校 商業科

入社の決め手を教えてください 

 卒業後の進路として、大学へいきたい、何がしたいなどが具体的になく、就職するなら介護職かなと頭に浮かんだことが、福祉の道へ入ったきっかけです。私は人見知りなので接客は向いていませんし、この仕事なら少しずつ人に馴れていける、何よりも人の役に立てると思いました。円勝会は、高校に来ていた求人票で知りました。私が勤めている西はりまリハビリテーションセンターは障がい者支援施設で、特別養護老人ホームやグループホームなどの高齢者向け施設とは違い、さまざまな年齢の方々が利用されています。私と同じような若い世代、親世代、高齢者…幅広い方々とコミュニケーションをとれるところに魅力を感じました。面接終了後に施設内を見学したのですが、利用者さんがあいさつして下さって嬉しかったですね。職員同士が和気あいあいと楽しそうで、ココで働きたい!という思いを強くしました。 

現在の仕事内容は?

 生活支援員は、日中や夜間を通して、障がいのある方の食事介助(一部介助・半介助・全介助は一人ひとりに合わせて)、排泄介助(トイレへの誘導、排泄のお手伝い、おむつ交換)、入浴介助、整容介助(洗顔、朝や食後の歯磨き、整髪、爪切り、ひげ剃り、更衣など)など、日常生活のお手伝いをさせていただくことが主な仕事です。私は4名の方を担当していますが、介助は全員で行います。一人ひとり、性格やこだわりが違うので、お話をよく聞き、その方が求めていらっしゃることを察知して対応します。早番と遅番のシフト制で、早番の場合なら、7:00〜起床・整容介助、8:00〜朝食の食事介助、9:00〜排泄介助、12:00〜昼食の食事介助、14:00頃〜入浴介助、15:30〜洗濯物をたたむなど、16:00終了というのが一日の流れです。

 うれしかったこと

 身の回りのお手伝いをさせていただく度に「ありがとう」と言って下さる利用者さんがいらっしゃって、とても嬉しいです。また、よりよい施設や職場づくりのために他職員の方と協力して行う委員会活動、生活支援員のみで仕事の向上に取り組む班活動で、自分の役割を果たせた時も達成感があります。たとえば、委員会活動で私は職場環境を改善する衛生委員会に所属しているのですが、「洗濯物を大きなバケツで運ぶのは重い」という現場の意見に対して、腰痛防止を考えてキャスター付容器へ変更したところ、みんながラクになったと喜んでくれました。一方、班活動では、利用者さんに合わせて食事形態や用具をコーディネートする食事班に所属し、私は席に名前を貼ったり、利用者さんの朝昼夜の食事チェックの担当です。チェック表がどうやったらつけやすくなるか、わかりやすくなるか、工夫を凝らして改善すると、やはり喜んで下さるのでやりがいがあります。人見知りだった私ですが、この仕事で幅広い年齢層の利用者さん、職員の方々と出会えたおかげで、人に対して身構えなくなりました。一人の人間としても成長できていると手応えを感じています。

 

 「利用者さんに頼られる存在になりたい。『この人に相談したら大丈夫』と呼ばれるような知識と経験を身に付けたいですね」渡邊さん(左)、千原さん↓

 

 

◎一日体験に参加したとき、職員同士の仲の良さが印象に残り、入職を決めたのが円勝会です。いま特別養護老人ホーム「シルバーコースト甲子園」に勤務し、新人職員の指導も任されています。日々の介護で心掛けているのは利用者さんの気持ちを尊重すること。したいことをしていただけるような利用者さん主導のケアをめざしています。円勝会はスキルアップのための研修がとても充実している法人です。新人から中堅へステップアップするときの心構えや他の施設の取り組みを知る機会もあり、新しい発見もあります。また介護の現場をあずかっている職員の声が届くのも、うれしいですね。たとえば介護プランはケアマネジャーが作成しますが、担当している職員の意見もしっかり聞いてくれます。入職前に感じたように、介護士、看護師、栄養士など職種を越えてスタッフの仲が良く、相談もしやすい環境。利用者さん一人ひとりの思いを大切に、チームワークで取り組んでいる一体感も味わっています。資格取得支援制度を利用し、これからケアマネジャーも目指していきたいと思っています。

〈シルバーコースト甲子園 渡邊紗里衣 2015年入職〉

 

◎福祉の仕事に興味を持ったきっかけは、小学生の頃、障がいのある友人と一緒に過ごしたことが原点でした。その頃の経験が「専門知識があれば、もっと深く接することができたのでは」という思いに変わり、いまの仕事へつながりました。私が勤務している施設では20代から50代までの利用者さんがおられます。簡易な作業の指導を行い、できなかった作業ができるようになったときの利用者さんの笑顔は心からうれしくなりますね。障がいのある方とそうでない方を分けて考えがちですが、できないことがあるのもその人の個性。私は「人と人」の視点で接しています。また、福祉の知識ゼロからの入職でしたので、研修が充実していることはうれしかったですね。たとえば障がい事例の検討や対応方法などを考える研修では、つい外出してしまう利用者さんにどのように接して良いかを話し合い、意見を出し合うことがありました。すぐに施設に戻そうとせず、施設周辺を一緒に散策することで落ち着いてもらえるのでは、など具体的な意見が聞ける研修でした。将来の目標はもっと知識を身に付け、支援の方法を極めることです。

〈ドリーム甲子園 今福事業所 千原茉初 2017年入職〉

 

自分UP!

  

小林 秀侍

2013年入社

関西国際大学 臨床心理学部

ドリーム甲子園 生活介護第一単位 フロアリーダー

障がいのある方への生活支援。施設のネットワーク関係の整備担当

 現在のあなたの仕事は?

  障害のある方に日中、夜間の生活支援に携わっています。フロアリーダーとしてチームをまとめていく役割を担いながら、個々の利用者さんに対しての支援計画の作成等に取り組んでいます。また、パソコン関係が得意で、その特技を活かし施設全体のネットワーク関係の仕事にも携わっています。

 施設の魅力は?

 私はもともと福祉の資格は持っていなかったのですが、入社してから沢山の資格を取得する事が出来ました。働きながら資格の勉強が出来る環境と、また資格取得をサポートしてくれる法人の制度、自分自身を働きながら高めていける所がとても魅力的です!

 ここで働いて自分自身が成長したことは?

  考える力がついた事です!面白い企画をたてる、業務を円滑に進める、個々の利用者さんに対して具体的な支援内容を考えるなど、考える事は沢山あります。そして自分達が考えた事をチームで取り組み、実現していく事が出来る環境があると思います。

就職活動中の学生さんへ一言

 

  私も全くの未経験でした。未経験でも自分自身を高めていける環境が整っています!ぜひ、見学やアルバイトからでも良いので、一度、施設へ遊びにきませんか。皆さんの就職活動を応援しています。

 

大好きな楽器で、仕事が変わる。

笹倉 健

2014年入社

甲南大学 法学部

ドリーム甲子園 生活訓練 フロアリーダー

障がいのある方への生活支援。利用者さんの支援計画の作成。

 現在のあなたの仕事内容は?

  現在は小ユニットの事業体で、障がいのある方の支援に取り組んでいます。小ユニットだからこそ、より利用者さんと寄り添い、個々に応じたプログラムを組む事が出来ています。また、新たな取り組みとして、自主製作品を利用者さんと一緒に作り、販売へ向けて頑張っています。

 この仕事の楽しいところ何ですか?

  私は音楽が大好きで、バンドをずっとやってきました。仕事を始めるとなかなか活動が出来ないと思っていましたが、まさか職場で楽器を弾く事が出来るとは思っていませんでした。年に数回、行事の際には利用者さんと一緒にライブをしたり、自分の特技を活かす事が出来るのが楽しいです。

 この職場に決めた理由はなんですか?

  私は実はアルバイトから正規職員になりました。学生のころから居心地がよく、働きやすい職場で2年ほどアルバイトをし、卒業の際に人事担当の方から「ここで働かないか」と言われたのがきっかけです。

働いて大変だったことは?

 

 確かに利用者さんの状態も良い時ばかりではありません。落ち着かない様子の利用者さんの対応に困った事もありましたが、先輩職員さんにアドバイスをもらい、まずは自分が冷静になること、そして「明日はこうしてみよう」と違うアプローチや、研修で学んだ事を実践していく。日々、学ぶことばかりです。

  

頑張れることを、頑張れるときに、頑張れるだけ

藤田 奈那

2004年入社

梅花女子大学 文学部

ドリーム甲子園 事務主任

施設の請求業務・その他

 現在の仕事内容は?

  施設での事務業務を全般に統括しながら、時には蛍光灯を変えたり、車の修理をしたり…etc(笑)楽しくやっています。

今の仕事をして大変だったことは?

  福祉の法律が変わるたびに、施設形態が変わり新しいやり方に変わる。1から事務作業のシステムを構築していくのは本当に大変でした。

どう乗り越えていきましたか?

 ただ、ひたすらに勉強をしました。研修会に参加して教えてもらい実践していく。自分の努力が実を結び、形になってきた時は本当に嬉しくて、自分で自分を褒めてあげたいと思いました。

 一番うれしかったことは何ですか?

  法人内の年間MVPをもらい表彰してもらえたことです!自分の努力が実を結んだ瞬間でした。見てくれている人は見てくれているんだ、頑張れることを頑張って認めてもらえたと実感しました。

  

働くママの事情を理解してくれる、働く人たちです!

平野 知絋

2013年入社

神戸医療福祉大学 臨床心理福祉学科

ドリーム甲子園 生活介護第二単位 生活支援員

障がいのある方への生活支援。利用者さんの支援計画の作成。

現在の仕事内容は?

 障がいのある利用者さんの生活支援に携わっています。

 今の仕事のやりがいは何ですか?

  おばあちゃんの介護が幼いころから身近にあり、この仕事は物心ついたころからやりたかった仕事でした。現在、やりたい事が出来て幸せですし、利用者さんが今まで出来なかった事が、自分が関わることで少しずつ出来るようになってくるのは、とてもやりがいを感じます!

 この施設の魅力は?

  私も結婚し子供がいます。当時、育児休暇を取らせて頂きましたが、本当に温かく祝福してもらい、とても取得しやすかったのを覚えています。また、休暇後も戻りやすい雰囲気で、我が子に対しての理解もあり、とても助かっています。そういう雰囲気が自然とあるのはとても魅力的です!

 就職活動中の学生さんへ一言

  働く女性にとって、とても優しい職場です!またそれを応援してくれる制度と雰囲気があります。ぜひ一度、施設に見学に来て下さい

 

 「おいしい」という記憶をつくりたい!

 

奥田 裕子

2017年入社

大阪成蹊短期大学 総合生活学科

ドリーム甲子園 栄養士

献立作成 施設利用者さんの食育 栄養管理 健康観察

 現在の仕事内容は?

  施設での栄養管理の仕事をしています。特に栄養士チームでは食育には力を入れていて、野菜の名前や魚の名前、また食材に対しての感謝の気持ちを利用者さんたちに伝えていきたいです!

 この仕事をして嬉しかったことは何ですか?また、やりがいは?

  利用者さん達が、ご飯を「おいしい!」と喜んで食べてくれている姿を見ると、嬉しい気持ちになります。また、個々の利用者さんの苦手な食べ物でも、「嫌い」は「好き」に変えていく事が出来ると信じて取り組んでいます。少しずつ克服されていく利用者さんを見ると、この仕事のやりがいを感じます。

 この仕事の大変だったことや、戸惑うことはありましたか?

  障がいのある方と接する事が初めてで、最初はどのように接していけば良いのかわかりませんでした。でも、そんな時には先輩が優しくアドバイスをしてくれて、少しずつ関わっていくことが出来ました。関わってみて感じましたが、私がどのように関わっていけば良いのかわからないのと同じように、利用者さんも私にどう接すれば良いのかわからなかったんだと気付き、そこからは自然と利用者さんと打ち解けて関わる事が出来ています。

 今後の目標は何ですか?

  管理栄養士の資格を取りたいです。さらに自分自身のスキルを高め、より利用者さん達に還元していきたいです。また、私自身スポーツをずっとしていたので、スポーツを含めた栄養管理のメニュー等も作ってみたいです。

  

厳しくて優しい、あこがれの先輩!

 

嶋津 里菜

2013年入社

武庫川女子大学 文学部

ドリーム甲子園 事務

障がい者施設での事務業務

 現在の仕事内容は?

  障がい者施設の職員さんの勤怠管理や研修の手配、決裁文書の文書処理などをしています。

 今の仕事の目標は何ですか?

  目標は先輩のようになりたいです!仕事に対して抜かりなく、また私が気付かないことを見ていたり気付いたり。自分もまだまだだな、と思います。そんな尊敬する先輩のように自分もなっていければなぁと思っています。

 休日は何をして過ごしていますか?また、趣味は?

  野外フェスをよく見に行っています。あとは美味しい物を食べに行くことですね(笑)

  

誰かのために料理をしたい!

 

白石 章江

2014年入社

園田学園女子大学 人間健康学部

ドリーム甲子園 栄養士

献立作成 施設利用者さんの食育 栄養管理 健康観察

 現在の仕事内容は?

  施設利用者さんの栄養管理です。あとは食育に力を入れています。障がいのある方の特性上、食事に偏りがある方もいらっしゃいます。きちんとした栄養バランスを取ることの大切さ、「食」に関しての理解を皆で深めていきたいと思っています。

 この施設で働こうと思ったきっかけは何ですか?

  見学に来させて頂いた時に、職員さんも利用者さんも皆さんが生き生きとしていたからです!とても楽しそうで親しみやすい、この方たちの食事を作りたいと思った事がきっかけでした。

 この施設の魅力は?

  チームワークが良くて、仕事がやりやすいです。

 休日はどのように過ごしていますか?

  今はホットヨガ教室に通っています。ストレス発散、気分も寝起きもスッキリです!あっ、あとはお肌が若返った気がします(笑)

 

学生を卒業したら、勉強しよう!

 

新川 健一

2018年入社

関西保育福祉専門学校 保育科

ドリーム甲子園 生活介護第一単位 生活支援員

障がいのある方への生活支援。利用者さんの支援計画の作成。

 現在の仕事内容は?

  障がいのある方の生活支援や介護の仕事をしています。また、日々の書類業務や支援計画の作成に取り組んでいます。

 この施設で働こうと思ったきっかけは何ですか?

  私が学生時代に、学校へ利用者さん達がパンを販売に来ていて、その様子が皆さんとても楽しそうでした。パンもとても美味しかったのですが、それ以上に利用者さんの笑顔があふれていて、自分もここで働いてみたいと思うようになりました。

 この仕事をして嬉しかったことは何ですか?

  最初は利用者さんと、どのように関わっていけば良いのかわからず戸惑っていましたが、何気ない日常会話から始め、利用者さんとのコミュニケーションを楽しめるようになってきました。自分の意思や想いが相手に伝わった時、とても嬉しい気持ちになったことを覚えています。

 目標は何ですか?

  おかしいかも知れませんが、「頼られる人」になりたいと思っています。いつかは自分もリーダー的な役割を担えるようになって、利用者さんからも職員さんからも頼られる、器の大きい男を目指したいです!そのためには、日々勉強!先輩から学ぶこと、自分から進んで学ぶこと、吸収できることは何でも吸収していきたいです!

 就職活動中の皆さんへ一言

  とても優しい先輩が多い職場です。仕事も丁寧に教えて下さるのでとても信頼しています。ぜひ一度!施設へ遊びに来て下さい。

 

< お知らせ一覧に戻る